【BookTube】砂の惑星、SFの古典・不朽の名作

SF・経営

フランク・ハーバート(Frank Herbert)著「砂の惑星」(Dune)をピックアップ。SFファンの間で非常に人気があり、ヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞のビッグタイトルです。

「砂の惑星」について

たびたび映像化されているため、その古さを感じづらいですが発表は1965年。SF古典、不朽の名作。2021年公開の映画「デューン/砂の惑星」は小説前半部分を構成しており、後半は来年2024年に公開予定となっています。

日本人にとっては、映画には、しばしばアニメ・ナウシカを彷彿とさせるシーンがあったり、逆輸入したのでは?という機械も出てきたりするので、その辺も楽しみ方の一つではないかと思います。

第1作発表後にはシリーズ化され、原作にはさまざまな続編が執筆。現在はハヤカワ文庫から新訳版(上中下)が出版されています。

  • デューン砂の惑星』(1965年)
  • デューン砂漠の救世主』(1969年)
  • デューン砂丘の子供たち』(1976年)
  • デューン砂漠の神皇帝』(1981年)
  • デューン砂漠の異端者』(1984年)
  • デューン砂丘の大聖堂』(1985年)

その影響力は、様々な映像作品に留まらず、土星の衛星(タイタン)の地形には本作に登場する惑星の名にちなんで名付けられたものになっています。

ちなみに、タイタンの海峡には、前回ピックアップした「ファウンデーション」の登場人物が当てられていたり、山脈や丘には「指輪物語」登場人物が由来しているものもあって、調べてみると面白いです。

あらすじ

10190年、人類は宇宙帝国を築き、各惑星は大領家によって治められていた。物語はサンドワーム(巨大な砂虫)が蠢く過酷な環境、世界一貴重な香料が産出される惑星アラキス(デューン=砂丘)で展開されていく。

*前述したタイタンの地形には、アラキス平原があります

香料は宇宙航行に不可欠な物質であり、争いの要因主人公ポール・アトリデスは段々と自らの能力に目覚め、不思議な運命を受け入れる。

対立するアトリデス家とハーコネン家、帝国と惑星アラキスの原住民フレメン、争いが絶えない世界を変革することができるのか、壮大なドラマが展開していく。

「砂の惑星」は複雑なプロットやキャラクター、政治、宗教、権力、環境問題など、多くの要素が組み合わさり、哲学的なテーマで満ちたSFの古典不朽の作品の一つとされています。

BookTube〜Adam SavageおすすめSF〜

今回のBookTubeは、アダム・サヴェッジ(Adam Savage)さんのAdam Savage’s Testedというチャンネルより、好きなSF本5選(Adam Savage’s Top 5 Science Fiction Books)を紹介します。

アメリカのテレビパーソナリティで、特にテレビ番組「MythBusters」(神話バスターズ、2003〜2016年放送)を司会した事で知られています。主な見どころは科学実験とエンターテイメントの組み合わせ。

爆発実験、自動車のクラッシュテスト、風船の浮力実験、化学反応の調査などのさまざまな実験を通して、都市伝説や俗説を科学的に検証する番組で、視聴者のよくある誤解を楽しく解き明かし、新しい視点を提供する事を目的としていました。

日本でも、信じるか信じないかはあなた次第と言う「都市伝説」番組がありますが、これを科学的な見地から実証するという具合ですので、日本にもあったら面白そうですね。

科学好きなアダムさんが選ぶおすすめSFは、どれも名作揃い。初見タイトルがあるようなら、是非チェックしてみてくださいね。

タイトルは5冊になっていますが、好きが溢れて動画では8冊紹介されています(笑)

  • ニューロマンサー、ウィリアム・ギブス
    Neromancer by William Gibson
  • スノウ・クラッシュ、ニール・スティーブンスン
    Snow Crash by Neil Stevenson
    *著者の他作:7人のイブ(Seveneves)
  • デューン砂の惑星、フランク・ハーバート
    Dune by Frank Herbert

  • 1Q84、村上春樹
    1Q84 by Haruki Murakami

  • 未邦訳、ジョナサン・レセム
    Girl in Landscape by Jonathan Lethem
    *著者の他作:マザーレス・ブルックリン(Motherless Brooklyn)
    *著者の他作:孤独の要塞(Fortress of Solitude)

  • シカスタ:アルゴ座のカノープス、ドリス・レッシング
    Shikasta by Doris Lessing

  • 闇の左手、アーシュラ・K・ル=グイン
    Left Hand of Darkness by Ursula K. Le Guin
  • 三体、劉慈欣
    The Three-Body Problem by by Cixin Liu
    *アジア発のヒューゴー賞受賞

「三体」と言えば、アメトークの読書芸人で紹介されて注目されたね!

タイトルとURLをコピーしました