学校で教えてくれない、1番役に立つ本の読み方の授業

本の読み方教室

もっと早く知りたかった!一生役に立つリーディングスキルを2つの動画からご紹介。色々試して自分に合ったやり方を見つけてみてくださいね。

動画①:1日1冊読む、速読法
動画②:読んだら忘れない方法

動画①:TEDxより(10:50)
動画②:Ruri Ohamaさん(8:52)

動画①:How to Read a Book a Day | Jordan Harry | TEDxBathUniversity

<速読は学べるスキル>

本を読んでる間こんなことしてませんか?

①1文1文読み上げる(声に出しても出さなくても)
②ちょっと戻ってもう1回同じ箇所を読む
③同じ文言に長い時間捉われる

スピーカーによれば、これらは悪い読書習慣

思い当たるどころか、しょっちゅうだけど・・

何を目的に読むかによって変わってくるとも思うわ!本の読み方に正解はないもの。人それぞれの方法が合って良いと思うから、これは「速く読みたい!」という人向けのアドバイスね!

速く読むヒント

集中力を高める環境を整え

クラシックやリラクゼーション音楽(歌詞がない曲)を聴いて脳をリラックス。無音は脳に色々考えさせてしまう。一箇所に座ることも大事。

Active Read(アクティブリード)

ただ読んでいるだけだと、脳が受け身状態(Passive)になってしまう。Active状態にするために、質問しながら読み進める

今作者は何について語っている?それは自分の知りたい事?あと何ページあるだろう?などなんでも良い!

一度読んだところに戻らないように、読んだら隠す!

読むリズムを保

文字を一定速度でタップ(トントントン)しながら読むと読書速度が維持できる。(より速く読みたい時は行をタップ、実用書から情報を読み取る際は、やってみると意外と便利)。

ページを3つのコラムに分けて、最初のコラムの「真ん中の言葉」、次に2番目3番目の「真ん中の言葉」を周辺視野でみるようにしてみよう

最後のはとっても難しそうね。イメージ、右脳を使って読むという事だと思うけれど、できるようになるには時間がかかりそうだわ。トライしてみる価値はあるよね!

速読の3Step

Step1:準備

表紙と裏表紙から、本のアイディアを掴む
目次を見て、どの章に知りたいことが書かれているか目星をつける

Step2:事前読み(Pre-read)

スキミング、1ページ10秒
 目星をつけた章の小見出し、興味のある項目を見つける

スキャン、1ページ30秒、
 スキミングで見つけた箇所のキーワード、数字などを拾う

Step3:本番

・すでに2回、全体に目を通しているため、より速く、より内容を理解しながら読み進められる

読む本の内容によって読み方は変わるから、一概に全部の本に適用するっていう訳ではないんだよね。楽しみで読む(fun to read)のと学ぶために読む(learn to read)のは違うからね。

動画②:You’re reading wrong! 5 tips to become a better reader 📚

たくさんの本を読む事ができれば、それは凄いこと!でも、何冊読んだかよりも、どれだけ実生活に活かせたかという事が読書の醍醐味。それを教えてくれる動画です。

実践ヒントを一緒に学ぼう!

効果的な読み方ー5選ー

①学んだ事をTo-Doリストにして、実生活に組み入れる。定期的に習慣化できたか確認する。

②後で「大まかな内容を1分以内で誰かに説明する」ことを意識しながら読む。

③同じ主題の本を違う著者で読んでみる。Pro-Con(賛成反対)を知ることで偏見がなくなる。

良書に出会うには、信頼できる人(成功者、ブックチューバーなど誰でも)の読んだ本をチェック。その人の視点に立って、なぜその人はその本が好きなのか、考える。読んだ後につまらないと思うことほど、お金と時間の無駄はない!

ブックチューバーのオススメ動画を見る場合は、好き嫌いのコメントが結構参考になる

⑤読んだ内容を忘れないために、次のことを念頭におきながら読む。
この本から何を得たいか、目標を決めておく
目次から3つ、学びたいものを決める

そうそう!大抵の場合、欲張って全部を吸収しようとするから、逆に全部忘れちゃう・・

最後に、ブックサマリを書くのもおすすめ!最初にその本を手に取った理由や、どこが好きだったか、などをアウトプットする。

今まで目次なんてすっ飛ばしてたワ!2人ともが目次に関して同じことを言ってるわね。今度実用書の類を読む時にやってみる!

スマートリュック
タイトルとURLをコピーしました