人生を変える1日1冊読書×おすすめ読書術

本の読み方教室

<内容>
①TEDxで1285万再生の人気動画より、人生を変える1日1冊読書
②医師としてフルタイムで働きながら、年間100冊読む人のおすすめ読書術8選

<こんな人におすすめ>
①本はたくさん読む方だけど、人生変わるほどでもない
②読書に役立つアプリを探したい(特にKindleユーザー、洋書読者

①って私だわ・・ビジネス本が特にそうだけど、すぐに仕事で活かせるスキルを学ぶことはあっても、自分の人生変わったか?と聞かれたら残念ながらNOだわよ

大抵の人が同じだと思うよ。そこで効いてくるのが、TED登壇者が話している「成功する人とそうでない人の違い」、成功する人って当たり前だけど一握りなんだよね

動画①:1日1冊読書で人生を変える方法

ここから下は登壇者Taiさんが話す内容をまとめたものです。
翻訳も使えますので、時間が許す方・全部の内容を楽しみたい方は動画(18:26)をご覧ください✨

誰もが成功したいと思っている。でも誰でもが成功するとは限らない。

夢の国ハリウッドは、ほとんどの人にとっては、壊れた夢の国
毎年10万人が出入りするが、ほとんどの人は手ぶらで帰る。

成功した人は何をして成功したのか。

16歳のとき、祖父に自分の人生設計について聞いたことがあった。祖父からの返事は「たった1人りの人からアドバイスをもらうには、世の中は複雑になりすぎている。色んな人からアドバイスをもらうことだよ」それから20000冊の蔵書を持つ祖父は、何冊かを送ってくれた「外に目を向けなさい」と。

僕が学んだことは「成功した人・賢い人・経験者から、その意識・マインドセットをダウンロードする」事。本を読んだ後は直接この人に会いに行こう!と世界中を巡った。

気づいたら銀行には47ドルしかなかったんだ。(約5千円)

だから、まずはお金儲けをするために、イエローページ(店舗や企業の業種別電話帳)で全面広告を出している人を見つけて、直接会いに行ったんだ。

「もし、あなたが知っていることを教えてくれたらタダで働きます!これだけ大きな広告を出せるのだから、お金の稼ぎ方を知っているはずです!」

君みたいな人を20年待ってたんだ

彼が僕のビジネスメンターになってくれたおかげで、今の、実業家・投資家としての自分がある。

メンターを持つこと。
そしてコピー能力の如何が、成功するかどうかの鍵になる。

ピカソはこう言ってる。
「Good artist copy, but great artist steal」
「良い芸術家はコピーするが、すごい芸術家は盗む」

アインシュタインだって、毎週木曜日にメンターがいた。ガンジーも、アリストテレスにも。ビル・ゲイツにはポール・アレンがいたし、バフェットにはベンジャミン・グレアムがいた。

33%の法則」を紹介しよう。

自分の時間をこんな風に3つに分ける。

・33%は自分より未熟な人と(自分が彼らのメンターになる時間)
・33%は自分と同じレベルの人と(友達・仲間と過ごす時間)

最後に1番大事な時間
33%は自分より10年・20年先輩の人と過ごす

ここで肝心なのは、自分よりちょっとだけ凄い人達と過ごすのではなく、10倍凄い人達と過ごす事。(売上1000万の会社なら、1億円企業の会社に習う)

ハリウッドの映画監督をしてた友達が、僕のこの話を聞いて、何人かにメールしたらしい。そしたらなんとあの、イーロン・マスクから返信があって、一緒にご飯も食べたって言うんだ!

トップにいる人ほど、自分の苦労を覚えているから、求める人には手を差し伸べたいと思っているもの。

人生において大事なルール

1)謙虚でいる事

ウォルマート(アメリカの巨大スーパーチェーン)創業者サム・ウォルトンは、当時すでに億万長者だったにも関わらず、ブラジルへの旅行中、訪れた店の床を這い回っていたため、不審者と間違われ逮捕されたことがある。何をしてたかって?

「ただ通路の幅を測っていたんだ。何か私の知らないことをブラジルの人は知っていると思ったから」

2)忍耐を持つ事

これも友人のエピソードで、19歳のとき不動産投資家を突撃訪問したって言うんだ。秘書に面会を断られ続けて、ようやく17回目!17回目の時、秘書が同情してくれたのか「エレベーターの後ろの植物に隠れていなさい。仕事を終えた彼が、オフィスから出てきてエレベーターに乗るとき、一緒に乗るのよ!そうすれば4階降りる分の時間で、自分の価値を説得するチャンスがあるわ」

友人がなんと言ったかは知らないけれど、きっと成功したんだろうね。

「じゃぁ空港で会おう。フロリダへ行くプライベートジェットに一緒に乗った時に、どうやって投資をしているか教えてあげるよ。」その出会いがきっかけで、友人は成功者の一人になった。

3)読書する事

本は隠れたお宝だと思うね。

優れたメンターにはこの世にいない人も多い。だから本の中に会いに行く
それも1度だけ読むのではなく、普段友達と何回も会うように、何回も何回も読み込むんだ。

個人的には150冊の友達を見つけることをおすすめするね。

僕は、1日1冊読むこともあれば、1冊読むのに1週間かかることもある。自分のペースで読めばいい

大抵の本には学ぶことは2〜3個しかない。だから、最初はページをフリップ(ペラペラめくる)するだけ、全部で3回フリップするのが好きだね。それから目次を見て、2回目は少し速めに読む。最後、3回目は1つのチャプターに集中して読む。金を探すみたいに読むんだ。

平均的なアメリカ人は1年に17冊の本を買うけど、読むのは大体1ヶ月に1冊くらいかもね。
少なくとも1週間に1冊は読むといい

4)ストイックに生きる事

こんな諺がある。“Nation is born stoic and die with epicurean”(国家はストイックに生まれ、快楽主義で没落する)

今さえよければ良いのじゃなく、成功しようと思ったら、少しはストイックに、タフになる事、タフさを鍛える事も大事。(”The hard is what makes it great”「トム・ハンクス主演:プリティ・リーグ」にあるセリフ)

人生を良くする全てにおいて、メンターを持つことがショートカットになる。

はぁ〜なるほど、実際に会いに行くのは勇気がいるけど、本より価値あることだね。

私分かった!これからはもっと伝記を読もうと思うわ。それからその人にメンターになってもらうつもりで、どう考えどう行動したのかを学びたい!

動画元:TEDx Talks
動画名:Why I read a book a day (and why you should too):the law of 33% |Tai Lopez |TEDxUBIWiltz

動画②:おすすめ読書術8選

医師としてフルタイムで働きながら、年間100冊は本を読むという、忙しい彼がどのように読書を楽しんでいるのか、読書術8選をまとめました。(11:15の動画です)

1.Buy a Kindle(Kindleのススメ)

電子書籍を使用する人は、紙の本を読む人に比べて年間40〜50%多く本を読む。

2. Change your mindset(マインドセットを変える)

本は読み終えなくて大丈夫面白​​くない場合は、さっさと次の本に変えること。

3. Screw the Classics(古典なんて◯◯くらえ)

古典を無理して読まなくても大丈夫。ハリーポッターを読んだって大丈夫。簡単で楽しい本から始めると、読書習慣が身に付きやすい。

4. Skimming(流し読み)

流し読みに罪悪感を感じないこと。

2種類の読書
楽しみのために読む・・アイディアが分かれば小説だって流し読みして大丈夫

学ぶために読む・・①と違う読み方(記事やブログの読み方に近い)
A)流し読みは全く問題ない
B)Kindleハイライトを使用
C)目次を見て面白そうな所だけ読む

5. Build a routine(読書を習慣づける)

読書を夜のルーティーンに組み込むなどして、読書時間を確保する。スマホなど気が散るものは排除。

6. Audiobooks(Audible)

運転やワークアウトなどに便利。ノンフィクションは、ハイライトをしながら読むので、Audibleするならフィクションがおすすめ。

7. アプリGoodreads

Kindleを読んだら自動的にライブラリに追加される。 読んだ本の追跡・評価・レビューが見れたり、おすすめの本を提供してくれる。

詳細は「goodreads」「日本語」や「使い方」などで最新記事の検索を。機能は違うけど、日本で近いのは「ブクログ」になるのかな。

8. アプリReadwise

Amazon Kindle アカウントと同期、以前に読んだ本のランダムハイライトを含む電子メールを毎日送信してくれる。記憶の定着に良い。

GoodreadsもReadwiseも、現状Amazon日本のアカウントには未対応、Amazonアメリカのアカウントが必要。アカウント統合の仕方もあるようなので、お手数ですが、気になる方は最新記事をお探しください✨

動画元:Ali Abdaal
動画名:How I Read 100 Books a Year – 8 Tips for Reading More

タイトルとURLをコピーしました