【BookTube】巨匠アイザック・アシモフとおすすめSF、読むならコレ

SF・経営

SF(Science Fiction)好きな人は「読めば世界が変わる」と言います。SFを読んだ事がない人でもアイザック・アシモフという名は、ひょっとしたら聞いたことがあるかもしれません。

同じくSFの巨頭であるアーサー・C・クラークやロバート・A・ハインランと共に、SF御三家と呼ばれ、SFの分野で名高いヒューゴー賞を7回も受賞しています。

今回はそんなSF巨匠の1人、アイザック・アシモフをピックアップ。代表作「ファウンデーション」シリーズと共に、これを好きな作品に挙げているBookTubeも紹介します。

SF好きな人もそうでない人も、新たな発見がありますように✨

SFの巨匠、秀才アイザック・アシモフ

アイザック・アシモフ(Isaac Asimov)は、1920年にロシアに生を受けますが、3歳の時に家族と共にアメリカへ移住。幼い頃から成績優秀、飛び級で15歳の時にはコロンビア大学へ入学し、化学の博士号を取得。

人口上位2%の知能指数でしか入会できないメンサ会員でもありました。一時は副議長を務め、またイギリスにて、同じくメンサ会員であったアーサー・C・クラークと共に講演も行っています。

SF黄金時代の中心的な存在であり、未来のテクノロジーや人間の性質についての洞察、思考実験を提供したりと、魅力的な作品を多数生み出しました。

中でも特に有名なのは「ロボットシリーズ」や「ファウンデーションシリーズ」と呼ばれるシリーズです。

ロボットシリーズと言えば、1950年刊行の「われはロボット」。2004年にウィル・スミス主演で映画化「I, Robot」(アイロボット)され、再注目されました。AIと人との関係について深い洞察を提供してくれる本作は、2023年現在でも全くその古さを感じさせない名作です。

作中で鍵となる有名なロボット三原則。第一原則「ロボットは人間に危害を加えてはならない」、第二原則「第一原則に反しない限り、人間の命令に従わなくてはならない」、第三原則「第一、第二原則に反しない限り、自身を守らなければならない」。

ディープラーニングやChatGPTなど、目覚ましく進化する人工知能AI。この先の未来で考えなくてはならない大事なことを、天才アシモフが教えてくれる気がします。

「ファウンデーション」の映像化は2021年、Apple TV+でドラマ「ファウンデーション」として独占配信されました。原作を再構成しており、舞台設定などは異なりますが、気になる方はこちらも是非チェックしてみてください。

「ファウンデーション」シリーズをピックアップ

どんな話なのかを知らない方向けの簡単なレビューです。

シリーズについて

日本では「銀河帝国の興亡」や「銀河帝国興亡史」のタイトルでも発行されており、シリーズは全7作あります。特に1巻から3巻は3部作と呼ばれ、ヒューゴー賞「ベストオールタイムシリーズ部門」を受賞、4巻もヒューゴー賞の「長編小説部門」を受賞している、まさにSFの名作古典です。

以下はハヤカワ文庫「ファウンデーション」タイトル及び(アメリカでの発行年)

  1. ファウンデーション (1951年)
  2. ファウンデーション対帝国 (1952年)
  3. 第二ファウンデーション (1953年)
  4. ファウンデーションの彼方へ (1982年)
  5. ファウンデーションと地球 (1986年)
  6. ファウンデーションへの序曲 (1988年)
  7. ファウンデーションの誕生 (1993年)

ちなみに「新銀河帝国興亡史」というシリーズも出ていますが、これはアシモフ没後に、妻らの要請によって書かれた、3人のアメリカ人作家による3部作で、ファウンデーションシリーズの影の主人公とも言われるハリ・セルダンの半生を描いた作品になっています。

「新銀河帝国興亡史」タイトル及び(作者)

  1. ファウンデーションの危機(グレゴリイ・ベンフォード)
  2. ファウンデーションと混沌(グレッグ・ベア)
  3. ファウンデーションの勝利(デイヴィッド・ブリン)

ストーリー

銀河系全体に進出した人類は、約2500万個の惑星に住み、人口は兆や京の単位で数えられるほどに。銀河帝国により統治されている人類は、ハイパースペース・ジャンプを用いた宇宙船や超光速通信を使って、各星系と交流を保っていた。

が、主星である惑星トランターを中心に、1万2千年にわたって存続してきた銀河帝国にも衰退が訪れる。物語は、銀河帝国の崩壊とその後の再建を描いている。

心理歴史学」と呼ばれる学問を使って、大規模な社会の動向を統計学的に予測する世界で、銀河帝国崩壊後の再建を試みる科学者たちを中心に、時代を超えたエピソードが展開。

政治、経済、宗教、権力、文明の崩壊と再建に関する深いテーマを探求しながら、科学とテクノロジーの進化が社会に及ぼす影響も重要な要素として取り上げる。

人間の未来についての洞察を提供する、先駆的な作品としての評価が高く、多くの作家や映画製作者に影響を与え、ファンの間で広く愛される作品。

BookTube〜SF好きが選ぶ、おすすめSF〜

そんな魅力たっぷりの「ファウンデーション」シリーズをおすすめ作品に挙げているBookTubeを2つご紹介します。

1つ目は、Jared Hendersonさん、哲学的な問いを含むSF7選
2つ目は、Sci-Fi Odysより、SF好きによるマストSF5選

Hendersonさんは普段は哲学関係のBookTubeがメインなのですが、ガンダムを好きな人が「ガンダムには全てが含まれている」と言うように、やはり「SFには全てが含まれている」と、言っても良いのではないでしょうか。

早速どうぞ!

動画①:7 Philosophical Science Fiction Novels You Need to Read(10:10)

  • デューン・砂の惑星、フランク・ハーバード
    Dune by Frank Herbert

  • ソラリスの陽のもとに、スタニスワフ・レム
    Solaris by Stanislaw Lem
  • クラウドアトラス、デイビッド・ミッチェル
    Cloud Atlas by David Mitchell

  • ファウンデーション、アイザック・アシモフ
    Foundation by Isaac Asimov

  • 黙示録3174年、ウォルター.M.ミラー.Jr.
    A Canticle for Leibowitz by Walter M.Miller Jr.
  • 未邦訳、ニール・スティーヴンスン
    Anathem by Neal Stephenson
    *他に「スノウクラッシュ」

ニール・スティーヴンスンは、「メタバース」という言葉の産みの親でもあるわ!

  • フランケンシュタイン、メアリー・シェリー
    Frankenstein by Mary Shelley

動画②:5 must read space opera(10:31)

  • ファウンデーション(シリーズ)、アイザック・アシモフ
    Foundation by Isaac Asimov

  • 啓示空間(シリーズ)、アレステア・レナルズ
    Revelation Space by Alastair Reynolds

  • タウ・ゼロ、ポール・アンダーソン
    Tau Zero by Poul Anderson
  • 巨獣めざめる、ジェイムズ・S.A. コーリー
    Leviathan Wakes by James S.A.Corey

  • 未邦訳、イアン・バンクス
    Consider Phlebas by Iain M.Banks
    *他に「蜂工場」「ゲーム・プレイヤー」など

私たちの母国語、日本語小説とは勝手が違う海外SF。翻訳によっては読みづらい箇所もあるかもしれません。ですが、そこも読書の醍醐味。1字1句丁寧に味わうというよりも、世界観を味わう

概要の把握から登場人物が言いたい事まで、それこそ読解力を伸ばす道具として最適だったり、既存の世界を広げてくれるSFは、世の天才たちも愛して止みません。

これまでSFを手にしてこなかった方が、この機会にチャレンジしてみようと思って頂けたら、こんなに嬉しいことはありません✨

タイトルとURLをコピーしました