【BookTube】学生の内にビジネス本を読むメリットと読み方&おすすめ本

おすすめ

ビジネス本のメリット&読み方

日本でビジネス本と言うと、大抵は“社会人・仕事をしている人が読む“といったイメージがあるのではないだろうか。だが実際は学生のうちに読むと良い本もたくさんある。

本を読むのに適した時期はない。「読みたい時」がまさにその人にとっての時期であり、いつからでも読めば良い。早いうちに読めば得をする、ただそんな風に思う。

いわゆるビジネス本の多くからは「実践的な知恵やマインド」が学べて、知る→実践する→人より一歩先へ行く、そんな事ができる。

学生のうちから「効率的な時間の使い方」「目標達成の仕方」「お金の使い方」などを知っていたらどうなるだろう。テストで良い点が取れるかもしれない。お給料をもらうようになってからは財産が増える、同僚から抜きん出る、などができるかもしれない。

300ページ前後のベストセラーでも、エッセンスを自分なりに取り出せば、大抵の場合数個しか残らないだろう。小説や古典など教養を磨く本と違い、あくまで自分にインプットするための本でいい。インプットが目的なら数個で十分。

最近は読みやすい本も多く出ている。本自体読んだことがない、どれを読んだら良いのだろう、と思う方へ、実はおすすめのジャンルでもある。復唱すると、それだけ読みやすいから。

読んで賢くなった気になるのも一つ。自信につながることがあるから。

読んで実践すればなお良し。読んでいない人とはそれだけ差をつけることができるから。

割合に手軽に読み終えることができるビジネス本というジャンルは、その手軽さのおかげで何冊か読み終える事もできるだろう。そうすると、それは確実にあなたの実績になり、自信になる。

ビジネス本の読み方は、1冊を通して全部読み切ることではなく(もちろん読み通しても良い)、インプットできれば良いのだから、肝心なところだけ抜き出せば良い。そうすれば早く身につけることができる。

(読解力、言葉、教養が欲しい場合は別の本を読もう。幸いこのHPはそのためのものである)

例を2冊紹介しよう。1冊は知ることがメリットになる例、もう1冊は知ることでマインドを変える自己啓発の例

例①:脳を鍛えるには運動しかない

ジョン・レイティ「脳を鍛えるには運動しかない」(Spark: The Revolutionary New Science of Exercise and the Brain)。定期的な身体活動、特に有酸素運動が、脳の健康と認知パフォーマンスに強力な影響を与える、と述べている。

細かく読めば「神経可塑性」「神経伝達物質の役割」ドーパミン、セロトニン、ノルエピネフリンなど、「ストレス軽減」「学習や記憶の改善」「気分の向上」などについて詳しくなることができる。

ここから何かアウトプットできるとすれば「運動を始める」、シンプルにこれである。

運動は体だけでなく、脳の健康とパフォーマンスにとっても重要だという事を知っていて、計画的に運動をしていれば、気づかないうちに良い効果をもたらしてくれる事になる。

例②:思考は現実化する

言わずと知れたナポレオン・ヒルの名著「思考は現実化する」(Think and Grow Rich)。名著には間違いないが、この本の性格上、刺さらない人もいる。頭で分かっても、なかなか実践に結びつかない事が想像できるだけに、愚直に書いてあることを実行できれば、良い成果が得られるのだと思う。

成功に必要な心構えや行動原則として「強い願望(Desire)」「信じる力(Faith)」「自尊心(Self-Confidence)」などを要素として、その他計画や努力の大事さについても教えてくれる。

知ったからといって、簡単に実行できる内容ではない。実行したからといって成功が約束されるわけでもないけれど、ある成功を収めた人(著者)がどのようにして成功・富を掴んだのかを追うには、1冊読むのも良いと思う。

この本には解説本のようなものも多く出ているため、合わせて読むと、より身になるのではないだろうか。

BookTube〜おすすめビジネス本〜

ここからはビジネス本のBookTubeを2本紹介。もしこの記事を読んでくれている方が、世界を見据えているのなら、ラインナップに注目して欲しい。海外の学生はこんな本をおすすめされている事に。

先の2冊の例はこちらのBookTubeで紹介された本になっている。全部読み切ることに反対はしないのだけれど、良い本がありすぎて、全冊全部読み通すには時間がかかる。こういう類の本は是非エッセンスを抜き出して実行する意識を大事にしたい。

動画①:学生の内に読むと良い本、Thomas Frankさん(8:23)
動画②:若い人へおすすめな本、Success Secrets TVより(9:36)

動画①:Thomas Frank(10 Books EVERY Student Should Read – Essential Book Recommendations)

  • 大事なことに集中する、カル・ニューポート
    Deep Work by Cal Newport
  • 直感力を高める数学脳の作り方、バーバラ・オークリー
    Mind for Numbers by Barbara Oakley
  • 未邦訳、リンジー・ポラック
    Getting from College to Career by Lindsey Pollak

  • 習慣の力、チャールズ・デュヒッグ
    The Power of Habit by Charles Duhigg
  • 脳を鍛えるには運動しかない、ジョン・J・レイティー
    Spark the Revolutionary New Science of Exercise and the Brain by John J. Ratey

  • 世界一の生産性バカが1年間試して分かった25の事、クリス・ベイリー
    The Productivity Project by Chris Bailey

  • 未邦訳、ニール・パスリチャ
    The Happiness Equation by Neil Pasricha
    *他に「9ルール」など

  • 未邦訳、マイケル・ポート
    Steal the Show by Michael Port
    *他に「一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術―独立開業で絶対に失敗しないための頭のいい仕組みの作り方」

  • 未邦訳、J.D.ロス
    Your Money the Missing Manual by J.D. Roth

  • 10冊目
    あえて言わない!自分の興味の分野を探そう!(こういう所が海外のお茶目で好き笑)

動画②:Success Secrets TV(The 9 Books You Should Read Before You Turn 30)

タイトルは「30歳になるまでに読むと良い本9冊」ですが、ここでは10冊紹介してくれてます!

  • 1. 人を動かす、デール・カーネギー
    “How to Win Friends and Influence People” by Dale Carnegie
  • 2. 交渉ごとに強くなる法、ハーブ・コーエン
    “You Can Negotiate Anything” by Herb Cohen

ハーブ・コーエンは「Win-Win」という言葉の生みの親でもあるんだ!

  • 3. となりの億万長者、トーマス・J・スタンリー
    “The Millionaire Next Door” by Thomas J. Stanley

  • 4. 予想どおりに不合理、ダン・アリエリー
    “Predictably Irrational” by Dan Ariely

「予想どおりに不合理」は、東大で売れている本!という帯もあるね!

  • 5.逆境をはねかえせ:可能思考のすすめ、ロバート・ハロルド・シェラー
     “Tough Times Never Last, But Tough People Do” by Robert Schuller

  • 6. 思考は現実化する、ナポレオン・ヒル
    “Think and Grow Rich” by Napoleon Hill

  • 7. 7つの習慣、スティーブン・R・コヴィー
    “The 7 Habits of Highly Effective People” by Stephen R. Covey
  • 8. 未邦訳、ティム・ラヘイ
    “Why You Act the Way You Do” by Tim LaHaye

  • 9.金持ち父さん、貧乏父さん、ロバート・キヨサキ
    “Rich Dad Poor Dad” by Robert T. Kiyosaki

  • 10.バビロン大富豪の教え、ジョージ・サミュエル・クレイソン
    “The Richest Man in Babylon” by George S. Clason

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】
タイトルとURLをコピーしました